【大阪】「Transfer Guide」 the three konohana 2017/11/11-12/24

「Transfer Guide」
the three konohana

2017年11月11日(土)~12月24日(日)
出展作家:加藤 巧、前谷 康太郎

thethree.net

【兵庫】小杉武久 音楽のピクニック 芦屋市立美術博物館 2017/12/9-2018/2/12

小杉武久 音楽のピクニック
芦屋市立美術博物館

2017年12月9日 ~2018年2月12日

http://ashiya-museum.jp/exhibition_next

【大阪】大坪晶「Remembrance of Names」 ブルームギャラリー 2017/11/29-12/23

大坪晶「Remembrance of Names」
ブルームギャラリー
2017年11月29日(水) - 12月23日(土)

www.bloomgallery103.com

【京都】allstars 2017 winter ギャラリー インカーブ|京都 2017/12/1-12/9

allstars 2017 winter
ギャラリー インカーブ|京都

2017年12月1日(金)・2日(土)・8日(金)・9日(土)

ギャラリー インカーブ|京都では、この秋より所属アーティスト全員をご紹介するグループ展を開催します。 2年前にも開催し、好評を博した本展では、アーティスト自らが選んだ作品を展示します。 お気に入りの作品、本展のために制作された作品など、アーティストそれぞれの想いがつまった展覧会です。
最後は、内野真行・宇内弘征・鹿子正登・武田英治・寺尾勝広・塚本和行・中寺剛至・西川遼志・湯元光男の9名が出品します。

 

アトリエ インカーブ

【福岡】 ニコラ・デぺトリス「人と風景」 アンスティチュ・フランセ九州 2017-11-11 - 2017-12-16


ニコラ・デぺトリス「人と風景」
アンスティチュ・フランセ九州
2017-11-11 - 2017-12-16

ニコラ・デぺトリスはニースに生まれ、福岡在住するアーティスト。建築を学びパリでデッサンと絵画をジャン=バティスト・セシュレに師事。2014年パリで初個展を開いて以来、日本、フランスとモナコで定期的に作品を発表している。彼の絵画や、デッサン、版画はフランスと日本で多様な形、素材で制作される。デぺトリスは建築をテーマとし、風景、空、雲の動きなど、自然における人のいる場所を描く。

 

ニコラ・デぺトリス「人と風景」

【大阪】シンポジウム〈具体〉再考 第2回「1930年代の前衛」 大阪大学中之島センター 2017/12/3

シンポジウム〈具体〉再考 第2回「1930年代の前衛」
大阪大学中之島センター 講義室301

2017(平成29)年12月3日(日)14:00〜17:30
定員60名[聴講無料、事前申込み不要、当日先着順(13:15より整理券を配布します)

 

プログラム
【発表】 14:00〜14:45 光田由里(美術評論家、DIC川村記念美術館学芸課長)
      「瀧口修造の[物体] 接触 写真 幾何学
14:45〜15:30 大谷省吾東京国立近代美術館美術課長)
      「瑛九は現実をいかに捉えようとしたか」
15:40〜16:15 加藤瑞穂(大阪大学総合学術博物館招へい准教授)
      「吉原治良の「物質」をめぐる思考」
【討議】 16:15〜17:30

 

www.museum.osaka-u.ac.jp

【岐阜】Life of YORO !Kaleidoscope of Time ときの万華鏡」展 岐阜県養老町/高田エリア、養老公園エリア 2017/11/3-11/19

Life of YORO !Kaleidoscope of Time ときの万華鏡」展
2017.11/3(金)-11/19(日)

 会場:岐阜県養老町/高田エリア、養老公園エリア

www.madeinyoro.com

【京都】「森の高さ2017」The Height of Forest 2017 嵯峨美術大学・嵯峨美術短期大学 附属ギャラリー 2017/11/3-11/12

「森の高さ2017」The Height of Forest 2017
嵯峨美術大学・嵯峨美術短期大学 附属ギャラリー
2017年11月3日(金)〜 2017年11月12日(日)

出品作家:井上大輔・江村耕市・倉山裕昭・山本直樹
with 平塚紗也子、青山莉奈・大濱真子・泉佳那と首里嵯峨2017秋参加メンバー、川端将来・西本至則、劇団なにかしら(11/10のみ)、ご来場のみなさん

www.kyoto-saga.ac.jp



【京都】現代美術二等兵活動25周年「駄美術の山」 MATSUO MEGUMI +VOICE GALLERY pfs/w 2017/11/28-12/9

現代美術二等兵活動25周年「駄美術の山」
MATSUO MEGUMI +VOICE GALLERY pfs/w

2017年11月28日(火)~12月9日(土)11~19時/最終日17時まで / 12月3日(日)・4日(月)休廊

MATSUO MEGUMI+VOICE GALLERY pfs/w

【大阪】音のケルン 今井祝雄  Plus1Art 2017/11/2-11/26

音のケルン 今井祝雄 

Plus1Art
2017 11/2(木)ー 11/26(日)

+1artぷらすいち EXHIBITION NOW

【沖縄】人工知能美学芸術展 沖縄科学技術大学院大学 2017/11/3-2018/1/8

人工知能美学芸術展
沖縄科学技術大学院大学[OIST]

2017年11月3日(金・祝)– 2018年1月8日(月・祝) 無休(年末年始調整中)

 

人工知能は芸術創造の分野にまで侵触するのか。人工知能に美意識が芽生え、自律的に芸術を創作する未来はあり得るのか。

 2016年3月、囲碁は芸術であると語っていた世界トップ棋士人工知能に敗退した。かつてなら荒唐無稽でしかなかった冒頭の問いは、深層学習法等が飛躍的に発展しつつある今、現実味が全く無いとは言い切れなくなった。とはいえ現今の「人工知能が創作した芸術」とされているものは、その殆どが、人間が人工知能という道具を使って制作した代物でしかない。だが逆向きに言おう。それがまだ先のことだとしても、今から我々は、人工知能が真の意味で美学を創発し、芸術を創作する事態に備えるべきである。なぜなら知能とは何か、芸術や美や人間の尊厳とは何かが、人工知能という要因によって根底から問い直されざるを得なくなるからだ。

 本展は2017 年時点でのそうした問題意識の顕れとして、国内外の表現者や研究者による人工知能をテーマとする芸術の現在を垣間見せるものである。視覚芸術分野を中心に、音楽、文学、コンセプチュアルアートから、広く知能を問う研究発表までも含める。

 世界初となる「人工知能=AI」の総合芸術展に刮目されたい。

 

https://groups.oist.jp/ja/aiaae

【奈良】学園前アートフェスタ2017 近鉄「学園前」駅 2017/11/4-11/11

学園前アートフェスタ2017
2017年11月4日(土)~11月11日(土)

近鉄「学園前」駅南エリア

 

学園前アートフェスタ2017 – 奈良県奈良市で開催されるアートイベント、学園前アートフェスタ2017公式サイトです。

【愛知】特別公開 国宝 源氏物語絵巻 徳川美術館 2017/11/18-11/26

特別公開
国宝 源氏物語絵巻
徳川美術館

2017年11月18日 (土) ~ 2017年11月26日 (日)

www.tokugawa-art-museum.jp

【高松】「所 幸則展 -うさぎガールと黒縁眼鏡-」~天使からの系譜~ 高松市塩江美術館 2017/10/31-12/10

「所 幸則展 -うさぎガールと黒縁眼鏡-」~天使からの系譜~
高松市塩江美術館
2017年10月31日(火) ~ 2017年12月10日(日)

世界的に活躍する写真家 所幸則の個展を地元香川で3年ぶりに開催!
所は、90年代からファインアートフォトグラファーとして国内外で高い評価を受け、2006年にその集大成的作品集『CHIAROSCURO 天使に至る系譜』を出版しました。これを機に、それまでのキャリアをリセットし、2007年からはモノクロームによる東京の渋谷のランドスケープに“時間軸”を取り入れて撮影した「渋谷One Second」シリーズ、そして新幹線の車窓から流れる風景を撮影した「アインシュタインロマンスシリーズ」など、所が考える“時間的概念”は、時を重ねるごとに昇華されていきました。
本展は、写真集『うさぎガールと黒縁眼鏡』の出版を記念して開催されるもので、今回の作品は、これまでの作品と同様に“時間”がテーマになっています。原点に立ち返っているかのような、地元高松の風景を背景に少女(娘)が、差し込む光に向かって飛び跳ねる姿を描写し、作者自身の人生における“時間的概念”というものが、家族(娘)をとおして表現された作品に仕上がっています。また「アインシュタインロマンス」シリーズのカラーバージョン作品の一部もあわせてご紹介いたします。


www.city.takamatsu.kagawa.jp

【青森】マシュー・バーニー 『クレマスター』シリーズ 初期4作品公開 青森県立美術館 2017/11/12

マシュー・バーニー 『クレマスター』シリーズ 初期4作品公開
青森県立美術館

11 月 12 日(日)
12:30 開場(予定)
13:00 『クレマスター1』(40 分)
13:55 『クレマスター2』(79 分)
15:30 『クレマスター4』(42 分)
16:30 『クレマスター5』(54 分)
17:24 終映(予定)
*『クレマスター3』の上映はありません

https://www.tomosuzuki.com/cremaster2017aomori